ホームシアターはワイヤレスが正義だ

愛知県に新しく一軒家を建てるため相模原市の戸建てをリフォームし賃貸にしました。現在は長野市の広い敷地に注文住宅を建てて暮らしています。五反田のエステサロンをおすすめする両親は高崎市に平屋を建てて暮らしていました。先日その父が他界してしまい、母の希望で粉骨したものを手元供養しています。足が悪くなった母と今は同居し、寝室もコーディネートし、以前両親が住んでいた相模原市の外構工事も終えた1階のリビングに大きなホームシアターを設置することになりました。

家電量販店に行くと、沢山のホームシアターが良い音を出していて聞きほれてしまいますね。青梅市の小さな一戸建てでも劇場のような音空間を体験できます。これを実際に熊本市の平屋で再現しようとすると、お金の問題もありますが何より片付けと配線が面倒です。片付けは明朗会計なゴミ屋敷の片付け業者に依頼してなんとかなりますが、殊更面倒なのが配線です。親戚の大阪市の新築一戸建ては配線に気を使い思い通りの配線になりました。
ただ面倒なだけでなく、きちんと配線しないと見た目も不格好になってしまい、残念な結果になってしまうかも。その面倒な配線を不要としているのが、ワイヤレスでリアスピーカーに音を飛ばすタイプのホームシアターと、壁に音を反響させて臨場感を出すシアターバーです。シアターバーはテレビの前に置いて、配線をテレビに接続するだけなので最も手軽に導入できますが、壁の材質や家具に音が吸収されてしまい、期待していた臨場感が出ないかもしれません。その点では、ワイヤレスのホームシアターだと実際にリアスピーカーを配置するので確実に後ろから音が出てきてハッキリとした臨場感を楽しめますよ。ワイヤレスのホームシアターの配線は、センター、フロント(左右)、サブウーファー、AC電源を本体機につなぎます。本体機にはリアスピーカーの音を電波で拾う為のレシーバーが付いているので(内蔵だったり、外付けだったり)リアスピーカーの電波受信器の位置を確認しながら、リア(左右)の位置を決めてリアにAC電源をつなぎます。これでワイヤレスホームシアターの設置は完了です。文字にすると長くなりましたが、実際にやってみると意外と簡単ですよ。気になるのは音質ですが、ホームシアター>ワイヤレスホームシアター>シアターバーになっています。面白い事に、金額も同じ表記になります。音質と金額って比例してるので、安く買おうと思うと、相応のスピーカーしか手に入りません。『高くて良い物を買う』という気持ちで買いに行くと良い巡りあわせがあるかもしれませんね。ワイヤレスタイプのパイオニアはSONYですが、今ではYAMAHAやONKYOも出しています。次第に選択肢が増えてきているので、今こそワイヤレスホームシアターを買うチャンスなのかもしれません。

PR|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|生命保険の口コミ.COM|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|注文住宅のための用語集|美容と健康女性ランキング|